絵手紙を書く人は減っていく時代。

絵手紙を書く人は確実に減っていくでしょう。少子高齢化の時代ですから当然です。このまま行くと絵手紙の良さが失われていくでしょう。絵手紙をこれからも書く人が増えていくためにどうしたらいいでしょうか?このまま減っていくのにまかせるか、それとも何らかの変化を遂げていくのかどちらかです。できれば、良い点を残して変化していって欲しいものです。どのような変化が望ましいのだろうか。いいアイデアはないのだろうか?
 現代の通信技術の発展が速いので、多くの人は携帯電話やスマホなしでは生活できないほどになっている。この流れに逆行しているようではいけない。郵便配達事業も赤字が増えている。私が思うのは携帯やスマホを使った絵手紙交流の時がきているということです。郵便で送る方法では発展はしない。絵手紙を書く方法、道具がハイテク化していくことでしょう。スマホで書いてすぐ送る方法に変わっていくことでしょう。誰かが既に準備しているかも知れない。写真を送る写メールがあるから紙に書いたものを写して送信することは既に行われています。
 若者たちの間ではアニメが人気があります。漫画やイラストも人気があります。しか、道徳性、不健全な刺激、暴力性があっての人気です。絵手紙のような知的健全性が失われてはいけません。ことばも大切で、誹謗や中傷するのもがあってもなりません。新聞やテレビ、ラジオで俳句や川柳がそれなりに人気があるように絵手紙もそれに加わるように一般に普及してほしいものです。写真の投稿もあるわけですから、写真に一句書き加えるなら絵手紙風になります。そのように、新しい、便利な誰でも参加できる絵手紙のアイデアをお持ちの方、ネット上で実現させたい方などを知っておられたら教えて欲しいものです。
f0320355_23204678.jpg

トラックバックURL : https://etegamino.exblog.jp/tb/24720836
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード
by tunehiko5547 | 2015-11-29 23:21 | よくあるご質問 | Trackback | Comments(0)

絵手紙の書き方、考え方を紹介


by ヤマちゃん