病気見舞い


病気見舞いの絵手紙を書く時の注意点は1冊の本にできるほどたくさんあります。それでも、一番大切なことは体裁ではなく真心、思いやりを伝えることです。相手との関係の深さなど個人差がありますのでこれが最善というものはありません。自分が見舞いを受ける立場で考えるしかありません。相手を傷つけず励まそうとすることは、美しく価値ある事ですが、簡単ではありません。むしろ、自分も苦しんで明るい面を見つけることですからとても面倒で自己犠牲のいることです。今、出来ること、思いの半分でも伝えること。悩んで、結局「早く元気になって」とのことばと花の絵があれば合格です。悩んだ分が愛情、思いやりではないでしょうか?頑張って下さい。

f0320355_09135411.jpg

トラックバックURL : https://etegamino.exblog.jp/tb/24917168
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード
by tunehiko5547 | 2016-02-01 09:34 | 絵手紙作品例 | Trackback | Comments(0)

絵手紙の書き方、考え方を紹介


by ヤマちゃん