思いやりの絵手紙は難しい

f0320355_19471276.jpg
思いやりを示せない人が増えている。親切を示さなくても生きていける時代になった。批判を受けることもすくない。そういう人にどんな絵手紙を書いたらいいだろうか?冷たい人になる教育や環境、遺伝などの背景があるものです。理由があってどんな相手にも冷たく固まっている人と、相手によって変わる人がいます。好きな人や特定の親族にはそれなりの親切を示します。さて、私たちはどんな状況でも思いやりを示せるでしょうか?津波の時、目の前で助けを呼ぶ声があっても手を出せなかった人と同じように思いやりを示せなかった人は多い。私も若い頃、東京に出て、どうしてホームレスの人を誰も助けないのだろうと思いました。数回、自宅アパートに連れていって泊めて食事したことがありました。一方で親切がアダとなったり、危険なことになったりも。様々な経験を通して、相手がどんな人かを見極める試験をするようになりました。簡単な挨拶や小さな親切を示して反応を見る事です。絵手紙でもそういう試験のつもりで何気ない言葉や会話を投げてみることです。相手はすぐには良い反応は期待できないことでしょう。しかし、態度には現さなくても心では少し変化している場合もあります。思いやりが示せない人にこそ思いやりを。
 本当の思いやりを示す人が世界中に増えれば世界は全く別の世界に変わると思う。本当の思いやりはどんな理由でも人を殺したり傷つけたりしません。人権の認められているはずの韓国では徴兵制がしかれ、断る者は投獄です。もし、私が北朝鮮に住んでいたらどんな思いやりを示せるだろうか?と考えたことがあります。皆さんは年齢と共に思いやりのレベルを上げていますか?頑張りましょう。
f0320355_19464086.gif
ブログ村ランキングに参加。クリックお願いします。
トラックバックURL : https://etegamino.exblog.jp/tb/27776916
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード
by tunehiko5547 | 2016-04-08 17:28 | 感動する見方と書き方 | Trackback | Comments(0)

絵手紙の書き方、考え方を紹介


by ヤマちゃん