よくあるご質問

災害から家族を守るため

連日、地震のニュースを見ておられると思います。同情するのは当然です。私は15年前、防災の研究をしていました。その経験からこのブログを見てくれている方に3つのことを伝えたいと思います。1)全国どこでも災害があると考え、自分の家族のため改めて防災の話し合いをしたでしょうか?まだでしたらどうか行ってください。第1と第2の避難先、連絡方法の順序、二つ以上持つことなど一つがだめでも次を決めておくのがポイント。家族の集まる避難先は全員知っていますか?2)突発的な災害、地震でもその人の生き抜く能力や知識、本当の人格が問われます。時も体力も知識も無駄に使ってはならない。普段の危機意識が問われます。よく水の準備をしていない人がいます。普通一人1日10リットル、三日分を確保していますか?食べ物ばかり準備がいきがちです。トイレの使い方、水洗に慣れているから同じように使おうとしないこと。風呂の水もすぐに使わない。水を最も節約するには水洗トイレの水を抜いてそこに新聞紙を敷いて用を足す。小水、つまりおしっこと一緒にしない。便は新聞紙にくるんでビニール袋に入れ燃えるゴミとして出せます。3)普段から何が防災に利用できるか調べておくといい。車を持っている人が多いのに災害の時に車を持ち上げるジャッキを使おうとする人が少ない。人を救助する時や自宅に物を取りに壊れた家に入る時、まずはジャッキを堅いところに置いてそこに伏せるようにしたい。地震が怖いと言いながら何も対策せずに入って被害にあっていると思います。よく健康のため塩分控えめと言いますが水と食塩があれば生きられます。塩分も大切です。もちろん梅干しの方がもっといいのですが。普段の健康管理と同じに考えないようにしましょう。これが伝えたいことですがほんの一部です。
トラックバックURL : https://etegamino.exblog.jp/tb/27778598
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Smithb930 at 2018-04-07 07:54 x
Pretty great post. I just stumbled upon your blog and wished to say that I've really enjoyed surfing around your weblog posts. In any case I will be subscribing to your feed and I am hoping you write again soon! febfbfcdgdeebdff
名前
URL
削除用パスワード
by tunehiko5547 | 2016-04-18 22:28 | よくあるご質問 | Trackback | Comments(1)

絵手紙の書き方、考え方を紹介


by ヤマちゃん