誰でも、簡単にという言葉に引かれましたか?

誰でも、簡単に。
その言葉は魅力的です。
それにも個人差があり、幅がありますね。

私の勧める書き方は、塗り絵と模写です。
詳しくは、このブログの
「塗り絵」のカテゴリーから見て下さい。
内容はただ今、準備中です。

書くための道具は、1)油性のマーカーペンです。
できれば、太いのと細いのが一緒についているタイプ。
ある、あるでしょう。2)鉛筆(2Bがいいかも)
勿論、筆ペンでもいい。

彩色には、色鉛筆でもいい。
水彩絵の具でもいい。色がつけばいい。
 ハガキや画仙紙を使うのが本格派ですが、
画用紙をはがきサイズにカットすると安上がりです。
 厚みのある紙に書くのは水彩絵の具です。
薄い紙、コピー用紙をカットしてもいいのです。
コピー用紙に、油性マーカーで書き、色鉛筆で彩色する。
これが、私の「簡単な書き方」の道具です。紙はコピー用紙。
色鉛筆以外は殆どの人が持っているものです。

さらに、簡単を追求して、行きついたのが「塗り絵の絵手紙」です。
これから、ブログに入れますが、1)色の付けられた見本と、
2)形だけが書かれたサンプルをブログからプリントします。
自由に使っていい無料のものです。
ポイントは、書き方と書くためのヒントとなる
言葉の例も添えられていることです。
 高齢者を対象にした講習会で実証済みの方法です。
さらに、少しランクを上げるとすれば、
画仙ハガキや水彩絵の具があれば大丈夫です。

塗り絵も人気があります。大人の塗り絵として人気があります。
しかし、絵手紙の塗り絵、絵手紙風の絵を使うのはありません。
今まで探して1つのブログを見つけました。





トラックバックURL : https://etegamino.exblog.jp/tb/27781507
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード
by tunehiko5547 | 2017-05-05 14:05 | 基本の書き方と応用 | Trackback | Comments(0)

絵手紙の書き方、考え方を紹介


by ヤマちゃん