絵手紙ブログもボランティア活動のひとつ

絵手紙を書いてブログで紹介するのは
友人や同じ趣味の人に見せるためでしょうか?
 自分のことを理解してほしいという願いもあるけど
ボランティアの精神、奉仕の気持ちが無いと続かない。
それは、私の事です。
 精神的に余裕がないと、書く気力も湧かないから。
写真を載せる方が、時間的にも精神的にも楽です。
見る方も、描いた絵手紙を見るより、写真がいいらしい。

最近になって自分のブログのタイトルが気になっています。
なぜかというと、「誰でも書ける」というのは
簡単で、すぐにできるという印象がある。
さらに、そのレベルも、高くないという印象です。
 ところが、
その後に、「感動する絵手紙」という言葉。
感動するというのは、嬉しいとか楽しいのレベルを超えている。
特別なことです。幸せのランクがあるとすれば「最高」のものです。
 「誰でも簡単」に「感動する絵手紙」が書けるという、のは
だいぶ矛盾するような気がします。
実際は、誰でもが簡単に絵手紙が書けない。
ましてや、感動する絵手紙など、無理、に決まっていると思う。
それを、大胆に、タイトルにするなど大それたことを書いたものです。
 もしかして、ウソつきか、誇大広告かと疑われて当然。
私としては、目標を書いたつもりです。
誤解しないでほしいものです。
 実際に感動したという言葉をたくさんいただいたからです。
その言葉を信じて、自分でもいいかなぁと思って書きました。
絵手紙にしろ、高齢者の生き方にしろ、真剣であれば
それ自体が、感じる人を「感動させていること」を知ってほしい。
 では、あなたに良いことが見つかりますように。

トラックバックURL : https://etegamino.exblog.jp/tb/28501825
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード
by tunehiko5547 | 2017-11-07 12:00 | 感動と言葉の魅力 | Trackback | Comments(0)

絵手紙の書き方、考え方を紹介


by ヤマちゃん