人気ブログランキング |

勝手に「絵手紙の将来」を考えてみる(その1)

 絵手紙に関心がある人が見てくれていると思うと嬉しい。
絵手紙人は、知的で積極的。私と比べて知的レベルが高い。
それに、豊かな感情、感性、思いやり、表現力を持っている。
言い換えれば、人間性が豊かです。

 高齢者の方が多いのも一つの特長かもしれません。
人生を知的に楽しもうという精神が溢れています。
その方たちは、今を楽しみ、書き方を工夫したり、交流を楽しんでいます。
私は、次世代の人や、世界の人に「絵手紙の魅力を伝えたい」と願っています。

 絵手紙の書き方、始め方についてのブログを見てみると
日本絵手紙協会の指針とはかけ離れているものが多くみられます。ネット上では、そういうブログが検索数が多い。
検索数が多い方が正しいという誤解を与えているようです。
  
 日本絵手協会の指針に近いものを「本格的絵手紙」
もう一方、芸術性のある「アート絵手紙」 技術的に工夫をしたものを「アイデア絵手紙」、キラリト輝く言葉を配したのを「心の絵手紙」と呼んでいます。
 絵手紙が、今後どのように、変化していくかを考えてみました。

1)アニメや漫画の分野では、面白さや利益追求のため、「暴力、 不道徳、性描写」が多く描かれています。絵手紙の分野で、全く逆の発想で「健全、教育の絵手紙」として発展していってほしい。
2)絵手紙が、絵画の技法を取り入れたように、イラスト、マンガ、アニメの技法を取り入れる。
  2コママンガのように2枚で表現したり、4コマだったり、動きのあるもの、など若者の好む表   現を取り入れる。
3)ネット上で、すでにある動く画像や、音声野出る絵手紙など新技術を絵手紙にも取り入れる。
4)手紙として郵送する方法ではなく、メールで送る方法があります。絵手紙のメール配信、メル   マガが普及するかも。
5)子供が書く絵手紙を見ると「ヘタでいい」の意味が分かります。しかし、大人が同じように書   くと喜ばれません。大人で高齢の女性に好まれている絵手紙です。そうであれば「美しい絵手   紙」であってほしい。美しい絵手紙は美術的にも優れているでしょう。文学的、詩的にも美し   いものが評価されるでしょう。
6)絵手紙の優劣はないという考えがあります。優劣を評価すると言っても人格や人間性の評価で   はありません。優劣を評価する方向に進まない限り、進歩や発展はなくなるでしょう。
   読んでいただきありがとうございます。
 
 



トラックバックURL : https://etegamino.exblog.jp/tb/29403261
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード
by tunehiko5547 | 2018-01-29 16:59 | 言葉の魅力と感動 | Trackback | Comments(0)

絵手紙の書き方、考え方を紹介


by ヤマちゃん