道具とハガキで変わる

絵手紙の道具、顔彩とは。

絵手紙の道具について
私は、子供の残した水彩用の絵の具が最初の「絵手紙の彩色用具」でした。水彩用の絵の具は、書いた後で日数が経つと、劣化して色が薄くなります。6か月もたつと極端に薄くなりました。
 絵手紙を受け取った人が、最初は喜んでくれましたが、半年後に会うと、「あの絵手紙は色が薄くなった」と言われて、ショックでした。
 次は、本格的に顔彩を買いました。顔彩は日本画にも使われ、色落ち劣化がしにくいものです。顔彩の始めは18色でした。どうしても、色が足りないので、「24色の顔彩」にしました。
しばらく、24色でしたが、次は30色です。
 足りない色は個別に追加しました。
特に、肌色が無いので買ってみました。どれも、単色ではきれいな肌色が見当たりません。結局、自分でいる合わせして使っています。
私は、地方で小さな絵手紙教室を15年以上続けてきました。
生徒さんには、いつも最初は24色を勧めてきました。
どういうのかというと次のようなものです。


本格的に道具一式をそろえたい場合は
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

絵手紙セット 呉竹顔彩耽美本格絵てがみセット
価格:4860円(税込、送料別) (2018/3/8時点)



トラックバックURL : https://etegamino.exblog.jp/tb/29637211
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード
by tunehiko5547 | 2018-03-08 11:18 | 道具とハガキで変わる | Trackback | Comments(0)

絵手紙の書き方、考え方を紹介


by ヤマちゃん